三重の木とともに潤いのある豊かな暮らし。三重県の木材販売のことは森林組合へご相談下さい。

三重県森林組合連合会

お問い合せ | サイトマップ

トップバナー

Q&A

三重の木に関するあなたの疑問にお答えします。

Q1.木造住宅はシックハウス症候群やアレルギーのリスクが低いと聞き、木造建築の家を建てたいと考えていますが、価格が気になります。

A1.はい。木材からはシックハウス症候群を発症させるホルムアルデヒト等の有害物質が発生することはありません。また、木造住宅に対して高価格なイメージがあると思いますが、表に見えない場所に節のある柱を使うなど上手に木を選ぶことで価格は下げることができます。

Q2.木材は反ったり、くるいが出たりすると聞きましたが。

A2.木材は適切に乾燥させてから使うことで反りやくるいを抑えることができます。
従来の乾燥技術では木の含水率が高かったので、時間の経過とともに反りが生じましたが、現在では技術が向上しており、「三重の木認証材」など適切に乾燥された材を使用すれば、以前のような極端な反りやくるいがでることはありません。

Q3.三重県産材を使って家を建てるメリットはなんでしょうか。

A3.三重の山で育った木を使って、三重に家を建てると、気候の違う場所で育った木を使った場合に比べて、木が腐りにくく、家が長持ちします。環境面では、平均的な広さの木造住宅1戸分の材をすべて輸入した場合と、建築場所から50km以内で調達した場合とを比較すると、環境コストが輸入材使ったときの1/100に抑えられます。

Q4.自分でフローリングをはりたいのですが。

A4.足ざわりの優しいスギ、「フィトンチッド」や「ヒノキチオール」などを発散し、リラクゼーション効果が期待できるヒノキ、傷に強い広葉樹などの無垢材など、お好みのフローリング材をご紹介いたします。また、板の厚みを選んでいただくことで、敷居による段差を少なくし、つまずきにくくすることもできます。


PageTOP ▲