三重の木とともに潤いのある豊かな暮らし。三重県の木材販売のことは森林組合へご相談下さい。

三重県森林組合連合会

お問い合せ | サイトマップ

トップバナー

施工例

施工例をご覧下さい。

木造住宅(新築・増築)

木造軸組構法を用いて建てた住宅が木造住宅です。

高価なイメージがある木造ですが、実は2×4やプレハブ構法と坪単価は差がなく、むしろ少し安いくらいです。例えば、私たちに身近なコーヒー一杯の価格は、軽食とともに100円で手軽に飲めるものから、専門店で特別に味わう3,000円の一杯まで幅広いものです。木材もやはり同じように、こだわりに応じて高価になってゆきます。

柱から自分で選ぶことは木材への深い知識が必要に思われますが、イメージや要望を教えていただけば、こちらでお客様にあう材を提案させていただきます。また自然素材を用い、手作り感をあふれる家づくりをコンセプトとした建築設計事務所をご紹介します。クラス感と手入れのバランスの取れた適材適所な設計が可能です。

右下の写真の将来に渡り見せる地松の梁は、お施主様が選んでいただいたもので、喜んでいただきました。

(場所:亀山市)

腰壁

腰壁と珪藻土を組み合わせた壁

木造住宅をより快適に暮らす方法として、腰板と珪藻土を組み合わせた内装を提案します。木材そのものから有害物質は出ませんが、内装工事に使用される接着剤等のから出てしまうことがあります。施工写真にあるように珪藻土と腰板を組み合わせれば、木の良さと、さらに珪藻土の良さが生きるお住まいになります。シックハウス症候群やアレルギーが心配で、ビニールクロスを張りたくない方におすすめの壁です。

すでにビニールクロスが張ってあるお部屋でも、専用の珪藻土を使えばクロスの上からリフォームが可能です。

珪藻土とは

地球に初めて生物が生まれた太古の時代より堆積した植物性プランクトンの遺骸からできたものを珪藻土といいます。昔から七輪などの原料として使われましたが、最近では健康建材として注目を浴びています。

珪藻土には1グラムにつき約24.5m2にも及ぶ無数の穴が存在します(穴の直径は約0.1ナノメートル)。この穴が空気中のホルムアルデヒド、ダイオキシン等の有害物質、さらにタバコやペット等の臭いを吸着分解する「浄化作用」と、空気中の水分の吸収・発散を繰り返し行う「調湿効果」をもたらし、壁自体が空気清浄機となります。

メンテナンス

吸着効果が高い反面、手あかや油汚れが付着しやすいところが短所です。
表面についた汚れは、消しゴムで軽く擦って落せますが、もし落ちなければ同色の珪藻土を上塗りすることでまた美しさを取り戻します。ご自分で手軽にリタッチできます。

フローリング・ピーリング(壁板、天井板)

フローリングは、カーペットに比べてダニや埃の発生が少なく、日本でももはや定番の床となっています。しかし好みの質感、手入れのしやすさなどを考慮し、ライフスタイルにあったフローリング材を選別するのは、なかなか難しいものです。

フローリングは主に3種類に大別できます。まずフローリング本体が本物の木(無垢(むく)材)を使ったもの、次に合板にスライスした木を張ったもの、最後に合板にスライスしてプラスチックで加工を施した木をはったものです。価格もそれぞれ違ってきます。是非たくさんのサンプルをさわり、実際の感触を試してみて下さい。ある程度の道具があれば、ご自分で貼れますので、低価格でフローリングをリフォームすることができます。当センターでは地域材のスギ、ヒノキの羽目板をはじめ、ナラ、タモ、カエデ、カリン等のフローリング、ピーリングの取り扱いをしております。

ウッドデッキ

まるで一部屋増えたような使い勝手になると人気のウッドデッキは、DIY初心者でも製作できるところもその魅力のひとつです。

まずは、どんなウッドデッキが欲しいのかをイメージしてみて下さい。
木のもつやわらかさや、手触りといった温かみの部分を大切にしたいなら、杉などやわらかめの木がおすすめです。また 香りや木目の美しさでは、桧などがよいかと思います。どの材を選択しても、自然素材でしか味わえない優しさを感じることができます。

ホームセンターで販売されている製品は手ごろな価格に魅力がありますが、あまり明確な樹種の表示がされていないことがあり、単に『ホワイトウッド材』・『パイン材』と表示があっても、それらは種類が非常に数多くあって、安易に選んでしまうと屋外使用の耐久性への不安が残ります。また使用されている薬剤の成分も気になるところです。

当センターでは、ヒノキのウッドデッキをお勧めします。ヒノキの耐久性は抜群で、木材が呼吸のできる塗料を使用すれば、さらに長持ちします。塗料は人体や環境にやさしい自然植物性のものを取り扱っております。

無垢(むく)一枚天板

天然の無垢一枚板はその板の年輪が物語るように、樹齢何十年も経っていて、その木の育った森林の環境を思うとき、大径木であった優雅さが感じ取れます。また、集成材のように継ぎ合わさって一枚の板に仕上げてありませんので、使えば使うほど愛着が湧いてきます。ぜひ、一枚板の天板テーブル、カウンターを使ってみてはいかがでしょうか。


PageTOP ▲