三重の木とともに潤いのある豊かな暮らし。三重県の木材販売のことは森林組合へご相談下さい。

三重県森林組合連合会

お問い合せ | サイトマップ

トップバナー
TOPページ > 三重の木 利用拡大センター > ヒノキウッドデッキ

ヒノキウッドデッキ

ヒノキウッドデッキの組み立て方(手すりなし)

写真:W3640×D2730(6帖タイプ)
オスモカラー(外装用)塗装

写真:内部の鋼製束の様子

特長:ヒノキ90×90角を根太として600mm〜700mmの間隔で使用するので強度があり、しっかりとしています。床板は36mmの厚みのヒノキ板を使用し、内部の束は鋼製束で支えるため水平がとりやすく、長くご使用できます。組み立ては、丸ノコで切断した木材を金具とビスで組み立てるので、誰にでも組み立てられます。

  1. ウッドデッキを設置する場所の寸法(巾×奥行×高さ)を測ります。
  2. 測った寸法を利用拡大センターへ言っていただければ、簡単な図面を作成し、木拾いをします。
  3. 基礎作りをします。あらかじめ、決めていた位置に束石(別売)を水平に設置します。
  4. 奥行方向のビームをあらかじめ、組み立てておきます。
  5. 次に組み合わせておいたビームを水平につなぎあわせます。
  6. 床板(あらかじめ面取りをしておく)を3mm〜5mm程度の間隔を空けて張っていきます。最後にはみ出して張った床板の端を一直線に丸ノコで切りそろえて完成です。

用意する道具
インパクトドライバ、水平器、水糸、丸ノコ、メジャー、面取りかんな、束用ボンド、サンドペーパー

※塗装される方は組み立てる前に行うことをお勧めします。
塗料:キシラデコール(防虫・防腐木材保護着色塗料)バトン(天然植物油木材保護着色塗料)

ヒノキデッキサイズ表

番号 サイズ
1 0.5坪タイプ 巾1820×奥行 910
2 1.0坪タイプ 巾1820×奥行1820
3 0.75坪タイプ 巾2730×奥行 910
4 1.5坪タイプ 巾2730×奥行1820
5 2.25坪タイプ 巾2730×奥行2730
6 1.0坪タイプ 巾3640×奥行 910
7 2.0坪タイプ 巾3640×奥行1820
8 3.0坪タイプ 巾3640×奥行2730

PageTOP ▲